デイトレ株投資の必勝ツールの初心者へのおすすめ

デイトレードですか?個人投資家の急増は、そのせいか?

デイトレ必勝法?

デイトレで必勝法で儲かっています。正直にそんなことを言う人はあまりいないかも知れません。

デイトレで損をする?

逆に、デイトレで損しています。デイトレで大損こきました!デイトレ最悪!なんていう人も、あまりいません。

短期間はデイトレが必勝

誰がなんと言おうと、短期間で大きく儲かりたいのであればデイトレがお勧めです。

長期間はデイトレもリスクが大きくなる

ただし、長期的な視点で見るとデイトレはリスクも大変大きくなりますから、スポットで取引して利ざやを稼いでいくという方法が最も適していると考えています。

デイトレで売り逃げを

例えば昨日と今日の円安トレンドが続くようなタイミングであれば、デイトレで利ざやを大きく稼ぎ、ある程度稼いだところで売り逃げするんです。

個人投資家の急増

2006年2月3日にEトレード証券の口座開設数は85,255件と発表されました。 Eトレード証券は取扱種類の豊富さ、使いやすい管理画面や手数料の安さには 定評があります。 それにしてもかなりの口座開設数が急増です。

2005年9月までは月間口座開設数は多くて3万台でした。 それが2005年10月から3万台に乗せ、12月には 一気に66,929件に増えで、そして1月は上記のように8万件以上です。

個人投資家の売買が活性化してきたということでしょう。 それも Eトレード証券が手数料の安い小口投資家です。 そして、IPOを狙って始めた人も多いでしょう。

ライブドアショックや村上ショックはものともせず、個人投資がますます加熱していきそうですね。 しっかり勉強して負けない投資家になるように精進していくしかないです! 甘い話で儲かることはないので、デイトレードもしっかり勉強をしてください。
<
サラリーマンの私でもできた勝ち続けるデイトレ信用取引
谷本 達也

サラリーマンの私でもできた勝ち続けるデイトレ信用取引

価格:¥ 1,575
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 225842位
定価 : ¥ 1,575
販売元 : アスカエフプロダクツ
発売日 : 2006-03

買うのは自由だが、、、

株の本はもはやどれでも同じ。
ましてやサラリーマンだって?!
ましてや信用だって?!
答え:キケン過ぎ。
「趣味」で読むなら構わない。
読書は自由だ。
しかし本書の内容もそうだがどこにもトレードの「新味」がない。
いったいどこが今までの株本と違うの?
これで勝てると思ってはとんでもない。
きっと大きな損失を被るだろう。
だからキケンだ。
今の相場(05以降)は渦潮のような複雑さだ。
チョチョイと書かれたもので易々と勝てることは「ぜったい!」ない。
何度も言うけど「趣味」として読むなら別。

サラリーマンだけじゃなく、昼間働いている人向けですね

著者がサラリーマンということで「サラリーマンの」と謳っていると思いますが、サラリーマンだけじゃなく、他に昼間仕事をしている人でもOKですね。そこのところ勘違いしてしまいます。デイトレの本は他にもたくさんあって、どれも魅力的なんですが、仕事中パソコンの前に張り付いているわけにもいかず、なかなか参考になるものがありませんでした。仕事も順調で、家族もいますので、別に大儲けを狙う必要もありませんが、でも小遣い程度は稼げたら嬉しいです。この本を読んで、昼間忙しい私でも、なんとか儲けられそうな気がしました。

なかなか面白かったです。

信用取引の仕組みが良くわかりました。勝つためには、利益にこだわりすぎては却ってだめだということも理解できました。回転数で稼ぐというのも納得できるところです。また、投資先を選ぶにも、「そこから選ぶのか、なるほど!」と感心してしまいました。信用取引をやるかやらないかは別にして、やっぱり、利益を出すというのは、「視点の違い」があるのかなと思わされました。そういった意味で、示唆に富んでいて、読み物としても面白かったように思います。

毒にもなり、薬にもなるのでは?

ミルクの口紅さんの言うことは当たっていると思います。しかし、株の世界は、実力の世界!実力の世界というのは、人まねではなく、自分で研究し、努力し、自分のオリジナルなものを持った人が勝ちます。そのことは野球のイチローやサッカーの中村、スポーツの世界ばかりではありません。同じことをやっているのに、なぜその人だけ一流なのか?実力の世界とは、そういうものです。株も同じです。この本を読んで、勝つための「糧」にできる人もいれば、大損をしてしまう人もいるかもしれません。それは、どの本も同じです。この本に関して言えば、信用取引について、今までにない実戦的な視点で解説しているという点で参考になりますし、投資方法も理に適っていると思います。ただし、だからといって旨く行くかどうかは、また別の話だと思います。
しかし、数ある株の本の中で、ミルクの口紅さんが、批評せずにはいられなかったという点で、内容的にインパクトがある本だと思いますよ!

売れ筋商品
このページの情報は
2006年7月26日21時52分
時点のものです。

このページのトップに戻る
『デイトレ投資の必勝法』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
|サイトトップ |株式投資 |デイトレ 情報商材 |デイトレ ソフトウェア |デイトレ |デイトレ その他 |
Copyright 2005 デイトレ投資の必勝法 All rights reserved.