デイトレ株投資の必勝ツールの初心者へのおすすめ

デイトレードですか?個人投資家の急増は、そのせいか?

デイトレ必勝法?

デイトレで必勝法で儲かっています。正直にそんなことを言う人はあまりいないかも知れません。

デイトレで損をする?

逆に、デイトレで損しています。デイトレで大損こきました!デイトレ最悪!なんていう人も、あまりいません。

短期間はデイトレが必勝

誰がなんと言おうと、短期間で大きく儲かりたいのであればデイトレがお勧めです。

長期間はデイトレもリスクが大きくなる

ただし、長期的な視点で見るとデイトレはリスクも大変大きくなりますから、スポットで取引して利ざやを稼いでいくという方法が最も適していると考えています。

デイトレで売り逃げを

例えば昨日と今日の円安トレンドが続くようなタイミングであれば、デイトレで利ざやを大きく稼ぎ、ある程度稼いだところで売り逃げするんです。

個人投資家の急増

2006年2月3日にEトレード証券の口座開設数は85,255件と発表されました。 Eトレード証券は取扱種類の豊富さ、使いやすい管理画面や手数料の安さには 定評があります。 それにしてもかなりの口座開設数が急増です。

2005年9月までは月間口座開設数は多くて3万台でした。 それが2005年10月から3万台に乗せ、12月には 一気に66,929件に増えで、そして1月は上記のように8万件以上です。

個人投資家の売買が活性化してきたということでしょう。 それも Eトレード証券が手数料の安い小口投資家です。 そして、IPOを狙って始めた人も多いでしょう。

ライブドアショックや村上ショックはものともせず、個人投資がますます加熱していきそうですね。 しっかり勉強して負けない投資家になるように精進していくしかないです! 甘い話で儲かることはないので、デイトレードもしっかり勉強をしてください。
<
5時間でわかる!KOSEI式ネット株 デイトレ&スイング 必勝法
石田 高聖

5時間でわかる!KOSEI式ネット株 デイトレ&スイング 必勝法

価格:¥ 1,575
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 2928位
定価 : ¥ 1,575
販売元 : ダイヤモンド社
発売日 : 2006-02

そうですねぇ・・・

難しいな。
いや、内容はわかります。わかりやすいし、トレードのコツなんかも
しっかり書いてあると思いますが・・・。

実際このとおりにいくかなぁ、と考えると難しいですね。
この本に書かれている事柄を実践する前に、銘柄選びのコツを知る必要があると思います。
そのあたりの勉強をして、その上でこの本を活用するのがよいと思います。

う?ん。初心者には。

具体的に、一番必要な損切りが詳しく書いていないですね。
書いてあっても株が上がったところでの話。
例題のチャートでも、買いのところから下がって
いる部分もある。
やはり、普通の人には無い感覚があるのではないのでしょうか。

わかりやすい本

株式関係の本を20冊ほど読みましたがベスト3に入るだろう。
具体的でわかりやすい手法であることはいいことである。
ただKOSEI氏の手法が普及してみんなで同じことをやりだしたら勝てなくなるのではないかと不安もある。
そのときにはKOSEI氏も進化を遂げているであろうが…。

そうか。兄さん、早稲田か。俺は、一橋だ。

著者の方法論自体は、必ずしも完成度は
高くない。例えば、Dr. Alex Elderの
『投資苑』のスタディガイド等と比べて見ると
分かるが、本書の中に掲げられたチャートが
その後、思惑方向に動いたのは、単なる偶然である、
と言うのが、全体の3分の1くらいある。
つまり、どうして、そちらに動くと思ったのか
そのロジックを、全部が全部説明できていないと言う事である。
つまり、純粋にロジックのみで行われるトレーディング
ではなく、多分に感覚的なトレーディングが、混ざっているので
真面目に勉強して来た初心者は、混乱するだろうし、
混乱しない者は、相場の鴨となるだろう。

こういう感覚的な自由裁量トレーディングを
混ぜるならば、トニー・オズのようなトレーディング日誌に
すべきであって、『練習長』等にすべきではない。
(例えば、ゲイリー・スミスやトニー・オズが『練習長』等を
書いて出版したら、Dr. Elder や Dr. Van Tharpのような
エデュケイテッドな連中がどう思うだろうか。)

著者は確かに一流大学出身である。(私もそうである。)
ならば、日本の高等教育がどういうものか、そして
それは、「エデュケイション」と呼べるものか、また、
一流大学学部卒程度の人間は、本当に「エデュケイテッド」か
分かっているはずである。従って、自分が、(少なくとも
研究よりは、実践を積み重ねている人間である事を
認識して)どの様な本を、書くべきかについても、
当然、理解している筈である。

相場で、儲けること自体は結構だが、
本を書くのならば、勉強の部分が足りない。

スイングをやる人に。デイトレにはKOSEI式デイトレ演習帳がいいですよ。

タイトルに「デイトレ&スイング」とあるが、これはほぼスイングに関しての本。基本的なことかもしれないけど、案外できていないもの。自分の売買を日脚を未ながら振り返ると、考えてやっていると思ってもめちゃくちゃに売買していたりする。KOSEIさんのやり方のように基本を一つ持っていれば、そこから自分なりのやりかたを見つけられるかもしれない。

売れ筋商品
このページの情報は
2006年7月26日21時52分
時点のものです。

このページのトップに戻る
『デイトレ投資の必勝法』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
|サイトトップ |株式投資 |デイトレ 情報商材 |デイトレ ソフトウェア |デイトレ |デイトレ その他 |
Copyright 2005 デイトレ投資の必勝法 All rights reserved.